--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.20

わたしは中島たい子さんが好きだ

更新の日付があいてしまった・・・こんなへっぽこブログでいつもすいません。
でも日付がどれだけ空こうと戻ってはきますので、よろしくお願いします。
拍手、いつも励みになっています!




漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)
(2008/01/18)
中島 たい子

商品詳細を見る



さて。
実は私、本が好きという割りに具体的にどの作者が好き!と言い切るのが苦手です。
作品名はたくさん言えるんだけど、作家買いというのをほとんどしません。
ついでに言うと、小説に関してはジャケ買いもほとんどしないなぁ・・・
ハードカバーが私のお財布と見合わないというのが一番の理由ですけど、

・発売→書店で見かける→メモる→ブログ、書評でチェック→文庫落ちまたは図書館
・発売→好きな書評ブログで話題→メモる→文庫落ちまたは図書館

という、本好きと言いがたいぐらいのスローモーションな手に入れ方をしてます。

で、なんで作家が好きだと言い切るのが苦手かというと、
その作家の作品を全部読むということをほとんどしないからです。
マンガに対しては作家買いは当たり前にしてるから「この作家が好き!」とか簡単に言っちゃうんですが、
小説に関しては言う資格が無いな、と。

この原因ははっきりしていて、私が作者内で特定のジャンルに偏って読んでしまうからなんです・・・
(宮部みゆきは時代小説、ご近所小説が好き。社会派小説は敬遠・・・)
(三浦しをんはエッセイ、青春小説が好き。恋愛小説は敬遠・・・)

マンガよりも小説の方が私にとって敷居が高いんだなー。


なわけでして、オススメ作品は?と聞かれて嬉々として答える私が
好きな作家は?と聞かれるたびに逃げ腰だったわけですが(昔の作家なら氷室冴子と答えてるんですが・・・)
この人を答えよう。と決めた作家がいます。

中島たい子さん。

お も し ろ い。
でも、その面白さにいたたまれなくなる。

寡作なのか、本業(シナリオライター)にお忙しいのかまだ5冊しか上梓されてませんが、
(だから全作品読めたともいう)
どれも楽しめたしはまってしまいました。

一番好きな「漢方小説」をamazonからあらすじ引用しますと

「みのり、31歳、独身。元カレが結婚すると知ったその日から、原因不明のふるえに襲われた。病院でも異常は見つからない。行き着いた先は漢方診療所。独特の視点を持つ東洋医学に戸惑いながらも、自分に何が起きているのか答を探していく、みのり。症状…失恋?ストレスに効くあなたのための処方箋(ストーリー)」

癒されるじゃないの・・・

作風は一貫していわゆる負け犬もの、でして
働く女性(シナリオライター・イラストレーター・キュレーター・小説家・・・ある程度売れて独立してる)が
恋と仕事と生活を足して人生で割って生きていく・・・みたいな話です。
いいか悪いか別として、一貫しすぎて笑えるぐらい。

恋愛小説のがつがつさもなく、筆致もふわふわしてないので地に足がついてる。
恋愛資本主義にはのっかれない私にはちょうどよい居心地のよさなんですなぁ。


居心地の良さ、で書いておきたいのですが、結局中島作品も現実的ではないとは感じます。
そもそも主人公の職業が特殊・・・とまではいかなくてもOLの作品はありません。
『この人と結婚するかも』のラストなんか突拍子が無くて戦きましたし。
それでも魅力を感じるのは、結婚しない女性が1人で生きていくことの不安感、
世間の結婚観への疑問なんかに共感するんだろうなー
生きるって、不安との戦いですな。


そういうわけで、中島たい子さんの次回作にも期待ですけど、今度はどういう切り口なのかな?
シングルマザーとかもありそうだけど・・・どうだろうー
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mareism133.blog21.fc2.com/tb.php/30-2c3c5cd7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。