--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.28

天地明察

拍手ありがとうございますーーー。
閲覧してくださる方にも感謝!

天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


本屋大賞おめでとうございますー。
今作をもっていよいよ感じたのですが、本屋大賞がこれだけ支持されている今、
大衆文学の登竜門と言われた直木賞の意味って・・・
だって直木賞の候補作家さんって、登竜門でもなんでもないもんねぇ・・・
実質的に日本のエンタメ文芸作品のトップを決めるのは、本屋大賞になっていると感じます。

おおっと、話がズレました。
ご多分にもれず、おもしろうございましたー!

江戸時代、碁打ちの家系に生まれた渋川春海が、その碁才にもかかわらず打ち込んだものが算学であった。
人の縁と縁が絡み合い、やがて春海は国家の一大プロジェクトに巻き込まれることになる。
「改暦」
春海が天に勝負をかけ、生きたその生涯を追う・・・というのが主だったストーリーです。


さすが出版元から「キャラクター時代小説」と銘打つだけあり、ごつい装丁から考えられないほど
話はすいすい、キャラクターはわんさか登場していきます。
読みやすい!そして感情移入しやすい!!
男の友情アリ、ラブコメあり、お仕事熱血ありと盛りだくさんでもあります。
普段時代小説なんて読まないよー。なんて方にもとってもオススメ。

ライトノベルっぽい今作ですけど、マンガ化よりもドラマ化のほうがいいなぁ・・・
NHKで三話連続とかでやってほしいものです。


ところで、聖☆おにいさん5巻を読んだ直後だったからか、
本因坊道策が脳内イメージでは完全にアナンダです・・・!!!
お坊さんで強烈に春海を慕う姿が、ブッダに尽くしまくるアナンダに重なるんだ・・・!
きっと道策だって、春海との対局中なら麻酔無しの手術耐えれると思うんだぜ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mareism133.blog21.fc2.com/tb.php/18-bc55133f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。